Home 暗号プロセッサ OpenICF3
ToraTora

FAQ

パスワードを忘れた場合、復号化する方法はありますか?

ありません。


暗号化するファイルやフォルダの容量に制限はありますか?

理論的には制限はなくOSやファイルシステムの制限と同じです。
Windows98/ME版のToraToraの場合は、4G - 64KByteが制限です。
(注1) UNLHA32.DLLを利用する場合、UNLHA32の制限は受けます。
(注2) UNLHA32.DLLを利用する場合、2GByteを超えても動作はしますがUNLHA32以外の別のアーカイバによる解凍はできなくなる可能性があります。


ToraTora Ver1.2.2.0以前ではフォルダの圧縮にUNLHA32.DLLを使用していましたが、過去に暗号化したフォルダは復号化できますか?

可能です。復号化オプションで「7z形式」を選択してください。復号化のみ行われLZH形式のファイルが出力されます。LZH形式の書庫を解凍できるアーカイバで解凍してください。


ICカードをなくしたら復号化できなくなるの?

ICカードに鍵を入れるときに使うPKCS#12というファイルを保存しておけばOK
もう一度、そのPKCS#12を別のICカードに入れば、なくしたICカードと同じものになります
( ToraToraでは、ICカードにデータを書き込むことはないので心配は無用ですが、当然、 ICカードに後から書き込んだICカード上のデータは復活しません。)





バグ情報

Ver4.0.0.0、Ver3.0.0.1、Ver2.0.0.0ではワークディレクトリを指定した場合、 UNCパスやドライブのルートのフォルダが暗号化できない不具合があります。 そのままお使いいただいても問題は起きませんが、UNCパスやドライブのルートフォルダを 暗号化したい場合はVer4.0.0.4にバージョンアップしてください。